タグ:ごきぶりポーカー

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18:39:56
ごきぶりポーカー ロイヤル:箱
プレイ人数:
2~6人
プレイ時間:
15~25分
ゲーム概要:
ブラフゲームの名作「ごきぶりポーカー」に、王冠をかぶった生き物たちが加わってちょっぴりパワーアップ。ロイヤルカードを受け取ってしまうと、さらに追加でもう1枚受け取らなければなりません。
同じ生き物のカードを4枚集めると負けというルールはそのままに、ゲーム展開が派手になって緊張感が増して良い感じです!

このエントリの続きを読む
スポンサーサイト
23:43:59
ごきぶりポーカー:箱
購入時期:
2010年4月
購入場所:
Web通信販売
プレイ人数:
2~6人
プレイ時間:
30分位
ゲーム概要:
嫌われ者の8種類の動物(ゴキブリ、コウモリ、ハエ、ネズミ、サソリ、カエル、クモ、カメムシ)カードを他のプレイヤーに押し付け合うブラフゲームです。

ルールはとても簡単!

名前に「ポーカー」と付いていますがトランプのポーカーとは全然違います。“ポーカー”フェイスの「ポーカー」ですかね。

ごきぶりポーカー 2人プレイ風景:ぐはっ!ゴキブリ4枚集まっちゃったよ

スタートプレイヤーは手札から選んだ1枚のカードを伏せたまま、他のプレイヤーに渡します。このとき「これはゴキブリです!」のように宣言する必要がありますが、これは本当でもウソでも構いません。


カードを渡されたプレイヤーは、そのカードを一人で見て同じように他のプレイヤーに渡すことができるほか、宣言が本当かウソかを指摘してカードを表にすることができます。指摘した内容があたっていた場合(「本当」と指摘してカードが宣言と同じだった場合、または「ウソ」と指摘して宣言と異なる場合)カードを渡したプレイヤーがそのカードを引き取ります。指摘した内容がハズレた場合、渡されたプレイヤーがそのカードを引き取ります。

カードを引き取ったプレイヤーが次のスタートプレイヤーとなりこれを繰り返し、手札がなくなってカードを渡せなくなるか、同じ種類のカード4枚集めたプレイヤーが負けとなります。


2人でも遊べますが多人数プレイが熱い!

ごきぶりポーカー:4人プレイ風景

ルールが簡単ですから誰でもすぐ参加できるうえ、とても盛り上がります。ウソをつくこと、そしてそのウソを見破ることがこんなにも楽しいとは!

2人プレイでも楽しいですが、渡されたカードは他のプレイヤーに回すことができず、指摘して表にするしかないため単調になりがちですね。多人数プレイと比べると若干面白味にかけるかも。ボードゲームランドさんに2人用の非公式ヴァリアントルールがいくつかありますので、そちらを導入すると良いかもしれませんね。

カードは今まで購入したカードゲームと比べると少々安っぽいですが、イラストが可愛らしく、しかも同じ種類でも微妙に絵柄が異なるのが凝っています。

値段も安いですし、ルールが簡単で初めての人でもすぐに楽しめます!パーティゲームにオススメ!


タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。