タグ:クォーリアーズ!

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16:48:30
「クォーリアーズ!」のプレイ風景

「クォーリアーズ!」のコンポーネント
「クォーリアーズ!」の箱
プレイ人数:
2~4人
プレイ時間:
30分位
ゲーム概要:
降ったダイスの目の魔力を使用してさまざまなモンスターを召喚し、他のプレイヤーのモンスターを攻撃。逆に次の手番が回ってくるまでに召喚したモンスターが撃退されずに残っていれば勝利点を獲得します。目的の勝利点を先に獲得したプレイヤーが勝利!
モンスターの他に防御や攻撃の補助や勝利点を獲得する魔法などもあり、ダイス運はもとよりどのダイスを獲得するのか、戦術も重要なダイスデッキ構築ゲームです。

このエントリの続きを読む
スポンサーサイト
21:19:41
クォーリアーズ!のエラッタ修正カード

アークライトのWebサイトで「クォーリアーズ完全日本語版エラッタ&FAQ」が公開されましたが、その中でもゲームをプレイするうえで修正しておいた方が良さそうな「不穏な亡霊:勇者」のエラッタ修正カードを作成しました。


テキスト部分のみカット

私はラベルシールに印刷しテキスト部分のみカットして使用。


カードに貼り付けて完成!

カードに貼り付けてこんな感じです。



もしかしたら、アークライトより修正版のデータが公開されたりするかもしれませんが、私のように待ち切れない!という方は、ぜひ下のリンク先からダウンロードしてご利用ください。




21:52:57
クォーリアーズ!

サイコロを使ったドミニオンライクなデッキ構築型ゲーム「クォーリアーズ!」。
今週末はこのクォーリアーズ!をたっぷり遊ぶことができました。



自作したコンパクトプレイ・マットを使用して、全4戦もプレイしましたよ。
もちろん相手は相方。赤が相方、青が私です。


1戦目

1戦目、開始!

場に並ぶ3種類の「魔法」と狩場の7種類の「モンスター」はランダムに選択しました。


序盤は私がリード!

スタートダッシュでポイントを獲得した私がリードする展開でゲームは進行。
中盤になって私が「ドラゴン」のダイスを獲得!


ドラゴンが出ない!

しかし、ダイス運に恵まれずドラゴンを召喚することができません…


ドラゴンが出ない~!

次もダメ~!


逆転負け!

中盤足踏みした私を尻目に、後半大量得点を重ねた相方が逆転。よもやの逆転負けでした… むむぅ!




2戦目

2戦目!

相方に再戦を希望し、「魔法」「モンスター」を入れ替えての2戦目。同じ種類のモンスターでも若干違う内容となっています。


良い勝負!

今回のドラゴンは捕獲値9と最大のためお互いなかなか捕獲することができません。お互い一歩も退かない良い勝負。


私のデッキ最強のモンスターを召喚!

そんな中、やっと出た!
私のデッキ中、最強のモンスター2匹を召喚。これで一気に逆転!


相方を突き放し勝利!

ここからは一気に連続得点を重ね、相方を突き放しての勝利!やった!




3戦目

3戦目!

日を改めて、できるだけ使用カードを変えての3戦目です。序盤からコツコツとポイントを重ねる私。


相方は出目がよくありません

相方はなぜかサイコロ運がよくありません。モンスターが出てくれず。


出た!

一方私は、出ました!左下の爆発シンボルが2つのレベル3ドラゴン!


追いすがる相方を振り切り勝利!

ここまで追いついてきた相方をなんとか振り切って勝利!あぶなかった~。




4戦目

4戦目は負け

4戦目は写真を取り忘れたのでいきなり結果。
最後に肝心のダイス目が良くなくて惜敗。ちょっと点差はついてますが惜しかった~。


負けた私のデッキ

ゲーム終了時の私のデッキがこちら。
ドラゴンのダイスが2個も入っていたのに…


勝利した相方のデッキ

一方こちらが相方のデッキ。モンスターの数はそれほど多くないのですが、「死の呪文」の魔法ダイスが効いていましたね。



初めての相方とのクォーリアーズ!対戦。最終的な結果は、2勝2敗の痛み分け。

ダイス運がものを言うので少々大味ですが楽しかった! またカードを変えてプレイしたいですね。
3~4人でも遊んでみたいなぁ。今度ゲーム会に持って行こうっと!


21:42:36
クォーリアーズ!

サイコロを使ったドミニオンのようなデッキ構築型ゲーム「クォーリアーズ!」を購入しました。

まだテストプレイしかしてませんが、なかなか面白そうです!



アークライトからダウンロードできるプレイ・マット

遊ぶ時に便利なプレイ・マットが販売元であるアークライトのサイトからダウンロードできますが、A4サイズで少々場所を取るため家のテーブルにはちょっと大きいかなぁ。


また、箱に収納するためには折りたたむ必要があるのですが、折り目の付いたマット(紙)を伸ばして使うのも嫌だったので、付属の勝利点ボードと同サイズのコンパクトなプレイ・マットを作成してみました。


クォーリアーズ!コンパクトプレイ・マット

こんなのです。

オリジナル(?)のプレイ・マットを参考に、各手順でのサイコロの動きなども簡単にまとめています。


クォーリアーズ!コンパクトプレイ・マット(ちょっとデザイン変更)

ちょっとデザインを変更したものも作成してみました。


4人分のプレイ・マット

赤、青、緑、黒の4色、4人分を準備。


コンパクトプレイ・マットを使用するとこんな感じ

実際に使用するとこんな感じでしょうか。
休眠パイルのサイコロはプレイ・マットの横に置いて使用します。



まだ実践で使用していないのですが、普通にプレイするには十分なのではないかと。

下記URLで公開しておりますので、興味のある方はぜひダウンロードしてご利用ください。



使用された感想などコメントいただけると嬉しいです。
あー、早く私もプレイしたい!


タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。