タグ:フライ

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22:40:27

色々あって遅れている今シーズンの初釣行ですが、今週末も天気が悪いので行けそうもありません。
しょうがないのでフライを巻くことにしたのですが、その様子を動画撮影してみましたのでご紹介いたします。

完成形はこんな感じ。

アダムス・パラシュート(#14)

アダムス・パラシュート(#14)
アダムス・パラシュート(#14)

私のパイロット・フライであります「アダムス・パラシュート」です。私の場合、基本的にこれ1本あればそこそこ満足して楽しめちゃいます。それだけとても信頼しているフライ。視認性が高くてよく浮くし、水切れも良いんですよね。



使用マテリアルは以下の通り。

アダムス・パラシュート 使用マテリアル
アダムス・パラシュート 使用マテリアル
フック
TIEMCO TMC531 #14
(バーブ(返し)は潰して使用)
スレッド
Gray 6/0
ウィング(ポスト):
エアロドライウィングFINE(オレンジ)
ハックル
グリズリーとブラウンのコックハックル
テイル
グリズリーとブラウンのハックルファイバー
ボディ/ソラックス
ダビング材(多分フライライト)

では、早速巻いてみますよ!



ポストの固定の仕方は一般的なフライの巻き方の教本とは異なると思いますが、これはずっと前に雑誌で見かけた方法です。しっかり固定しないと多少ぐらぐらしますがボディを細く巻けるので私の場合はいつもこの方法です。

ダビング材をスレッドに依り付けるだけなのはめんどいからです。綺麗に仕上げたい場合はちゃんとダビングワックスなどを使ったほうがよろしいかと。ちなみに私はヘッドセメントも使いません。

アダムス・パラシュートを裏側から
アダムス・パラシュートを裏側から

なにしろ1年以上ぶりだったもので、途中手順を間違って後戻りしたところがありますが、概ねこんな感じに巻いていますよ。
緊張で手は震えるし、カメラが邪魔だった割に、まあまあの出来だと思うのですがいかがでしょうか?


次は、エルクヘアカディスでも巻いてみようかな?

でもタイイングより、釣りにいきたいですね~


スポンサーサイト
19:34:40

遅めの初釣行はたくさんのヤマメを釣ることができたので今回はもっと上流へ、大イワナを求めていつもの渓流に行ってきました。

いつもの場所から入渓!

寝坊してしまったのでいつもより少々遅めに目的の場所へ到着。思っていたより天気が良く蒸し暑い陽気の中、急いで準備して入渓。この日のために巻いたフライ、マーチブラウン・パラシュートをティペットに結び涼しい風の流れる川を釣り上がりました。


ところがこの日は、結んだばかりのフライを木に引っ掛けてしまったりラインを絡ませたりと何かと調子が悪く、気持ちよく釣り上がることができませんでした。

ヒットしなかったあたりが1回だけとなかなか厳しい状況の中、もくもくと釣り上がります。

木が倒れちゃってますね~

去年良く釣れた場所に到着してびっくり!川の真ん中に木が倒れてしまっていました。広くひらけていてキャスティングも容易、よく釣れる場所だったのに。

それでもちょうどこの真ん中の木の下のあたりでヒット!


小さいけどイワナ!小イワナ!!

目的の大イワナ!
には程遠いですがなんとか1匹釣ることができました。丸々して元気!


こちらも木が倒れてます

こちらでも大きな木が川の中に倒れ込んでいました。


その後いくつかのあたりで同じくらいのイワナを拾ってこの日は3匹。魚影やあたりも少なかったので先釣者がいたのかもしれませんね。

前回の初釣行と比べると寂しい釣果でしたが、まあ私の場合はこの位が普通でしょうか。それでも奥深い渓流の釣り上がりは楽しかったです。

大イワナ!は次回以降に持ち越しですね~w


今日のフライ:アダムス・パラシュート(#14)

アダムス・パラシュート(#14)

最初に結んだマーチブラウンは早々に木にひっかけてしまったので、次に結んだこのアダムス・パラシュートで釣り上がりました。
視認性は高いのですが反応はイマイチだったかもしれません。


22:55:16

先日の今シーズン初釣行がなかなか調子良かったので今週末もまた川へ出かける予定ですが、そういえばフライボックスにまともなフライが入っていなかったことを思い出しまして、とりあえず3本だけ巻いてみました。

本日巻いた3匹のフライ

いずれも私の好きなパラシュートパターン。マーチブラウンが2匹とアダムスが1匹です。アダムスをもう1匹巻きたいところでしたが、目がシパシパしてきたので断念。結構疲れるんです。


裏側はこんな感じ

ちなみにこのパラシュートパターンのフライを裏側から見るとこんな感じです。
こんなのが虫に見えるというのだから面白いものですね。そういえば見えなくもないか。


約一年ぶりのフライタイイングでしたが、まずまずの出来ではないでしょうか? 作り方をちゃんと覚えていてほっとしました。3個だけではちょっと心もとない気もしますが、とりあえずなんとかなりそうです。

またいっぱい釣れるといいなぁ。次はイワナ釣りますよ。大イワナ!

22:26:30
エルクヘアカディス3本

以前、一緒に釣りに行ったYさんが昨日の夕方20匹近く釣ったという話を聞いて、早速私も巻きました。

フライボックスに#14サイズしか無かったので、いつもは使わない#12サイズを3本。
たしかYさんのフライサイズは#12だったはず!


カディスボックスに入れました

私の場合、エルクヘアカディスは水面の白い泡に紛れて見づらいため少々苦手なのですが、これで次回はいっぱい釣れる!・・・はず!


23:23:29

昨日巻いたものとは形が違いますが、今日もマーチブラウンを巻いてみました。
昨日のはパラシュート、今日のはスタンダードパターンです。

マーチブラウン(スタンダードパターン)

マーチブラウン(スタンダードパターン)

今回もフックはTMC531の#14。このフック、サイズが私のスタンダードなのです。
ハックルはグリズリーに、今回はちゃんとブラウンをミックスしています。
ウイングはハックルチップを使いたいところですが、マテリアルが無いのと視認性の向上のため、いつものエアロドライウィングを使いました。


マーチブラウンを正面から

ハックルを厚めに巻きすぎてずんぐりむっくり、バランスが少々良くありませんが、まあこんなものでしょう。


天気予報を見るとやはり週末の天気は良くありませんね。これは中止かなぁ・・・

23:38:38

腰痛のためフライを巻くことが出来ずにいましたが(前かがみになるのが辛かったのです)、ここ数日はだいぶ良くなってきたので久しぶりに巻いてみました。

マーチブラウンっぽいフライ

マーチブラウン

フックはいつものTMC531の#14。例のごとくバーブ(返し)はバイスで潰してあります。
グリズリーとジンジャーのハックルを使って、一応マーチブラウンのつもりで巻きました。



マーチブラウンの裏側

裏から見るとこんな感じです。


今週末は、職場の同僚と一緒に釣りに行く予定ですが、天気が微妙のようです。
晴れると良いのですが・・・

21:44:46

先週末にまさかのライズ発見!ヒット!ばらし・・・で、テンション上がっております。

早々に会社を退社して今日もせっせとフライを巻きました。

ライトケイヒル #16

ライトケイヒル #16

白っぽいダンがふらふらと飛んでいるのを見かけたので巻いてみました。

ちょっとハックルを厚く巻きすぎたかも。たくさん浮くからいいか・・・。


下から見るとこんな感じ

下からのアングルで撮影してみました。

インジケーターは光に透けてあまり色が目立たないですが、魚からはこのように見えるのでしょうか。


今日は3個巻きました。

とりあえず、今日は3個だけ。今週末こそ釣りたいな!


23:04:00

3月1日に渓流の釣りが解禁になり、ここ数日は解禁直後で賑わう各地の渓流の映像がニュースなどで流れておりました。
もう実際に釣りに行かれてかわいいヒカリを釣られた方もいるのではないでしょうか?

私もフライフィッシングを始めた頃は解禁直後に友人と川に出かけ、冷たい水の中で竿を振ったものですが、これがまた全然釣れないものだから、ここ数年は4月中旬頃が釣り始めとなっております。

今シーズンもそのくらいから釣りに出かけようと考えておりますが、ニュースなどで釣りの映像を見させられるとさすがにウズウズしてきますね。

そろそろ準備しなくちゃな、としまってあったタイイング道具を引っ張り出して、小さめのフライを巻いてみました。

エルクヘアカディスとアダムスパラシュート

#19のエルクヘアカディスとアダムスパラシュート

持っていた中で一番小さかった#19のフック(TMC 102Y)の返しを潰してからバイスに取り付け、一気に巻きました。

半年くらいぶりのタイイングでしたが体は覚えているものですね。そこそこ納得のいく形に巻くことができたと思います。


4月中旬の「私の釣りの解禁」までになんとかそこそこの数を揃えられるように、これから少しずつ巻いていきます。

去年は結構良い思いができましたが、今年もたくさん釣れるといいなぁ。

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。