タグ:家電

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22:59:27

購入して数日で壊れてしまった「アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-768-WH」の交換品が本日届きましたが、どうも箱がよれよれでおかしな様子。

傷ついているし・・・

箱を開けてみると、本体の所々には傷がありますし・・・


全体的に若干ですが色褪せて汚れていました

写真ではわかり辛いですが全体的に周りが汚れて色褪せています。また、最初に購入した物よりだいぶスイッチが柔らかくそれなりに使い込まれているようです。どう考えてもこれは新品ではありません。


とりあえず発熱部分は点灯するので用は足りるのですが、どうも気持ちが悪いです。ちゃんとお金を払って購入したのに中古を買わされた気分。

電話の応対や迅速な対応には好感を持っていただけにとても残念です。

今まで初期不良で壊れた家電製品は購入したお店で新品と交換してもらっていました。通販商品の交換は初めてなのですが、このような対応は一般的なのでしょうか?もう一度電話してみようかなぁ・・・

スポンサーサイト
21:22:28

先日、購入して毎日大活躍しているカーボンヒーターですが、後から購入した相方の「アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-768-WH」が壊れてしまいました。

切れたカーボン管の発熱部分

くるくるカールしているのが特徴的なACH-768のカーボン管の発熱部分上部が写真のようにすっかり切れており、本体下部の赤いランプは点くもののカーボン管が点灯せず発熱しない状態でした。


早速メーカーへ連絡し事象を伝えると新品と交換してもらえることになり一安心。明日には交換品が届くはずです。

使用して1週間もせずに壊れるのはどうかと思いますが、その後のメーカーの対応は迅速で好印象でした。後は新しく届くやつが壊れなければ良いのですが・・・


ちなみに私が先に購入した「アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-790M」は壊れることなく毎日稼動していて調子良いですよ。とても暖かいです~。

23:37:19

先月末に購入して毎日大活躍しているカーボンヒーターを、冷え性の相方もとても気に入ったようで、自宅で使うのが欲しいというのでいろいろ悩みましたが「アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-768-WH」を追加で購入しました。

アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-768-WH
  • パワー(ワット数)が私が使用しているACH-790Mと同じ300w/600w
  • 色が白(本当は黒が良かったらしい)
  • 値段が安め

というのがこれを選択した主な理由です。


ACH-768とACH-790Mの大きさの比較

ACH-768の大きさは、62cm×24cm×24cm。ACH-790Mと比較すると1~2まわり小さくコンパクトです。また、発熱部分のカーボン管のそれぞれ種類が異なるようですが、温かさは同じくらいのように感じました。大きさの割にパワフルです。


スイッチ部分

上部のスイッチは、3段階の回転式。少々つまみがきつめですがシンプルで使いやすそうです。


上部後ろ側には取っ手となるくぼみが

本体上部の裏側には取っ手となるくぼみがあって、ちょっとした移動の際に便利。


格子ガラスのベース

本体下部にあるランプは電源ON時(HIGH又はLOW時)に赤く点灯します。消し忘れ防止のための3時間自動OFFになると点滅に変わるらしいです。


小さく可愛らしいデザインですが、補助的な暖房器具としては十分な温かさ。相方も大満足のようで、脱衣所用にもう一台欲しいなと言っておりました。


21:15:59
アピックス ACH-790M

アマゾンのクーポンが余っていたので「アピックス ミドルカーボンヒーター ACH-790M」を購入しました。

暑がりの私と冷え性の相方で、石油ファンヒーターの設定温度で言い合いになることがあり、カーボンヒーターを相方の前に置いておけば、石油ファンヒーターの温度は低めでいけるのでは?と思ったのが購入に踏み切った理由。

たくさんある商品の中からこれを選んだのは、ずばりデザインと値段です。


あたたか~い!

実際に使用してみると、電源を入れてすぐ暖かくなりますし、想像以上のパワーにびっくりしました。
1mくらい離れていても体の芯からぽかぽか暖かくなってきます。穏やかな暖かさ。


スイッチ部分

まだ使い始めて2日ですが、カーボンヒーターを併用(LOWで)することで、石油ファンヒーターの設定温度が23℃から18℃くらいまで下がりましたよ。


部屋全体を温めることはできませんが、補助的な暖房機器として重宝しそうです。

ハロゲンヒーターなどと比較するとだいぶ消費電力も少ないようですので、しばらく石油ファンヒーターと併用使用して灯油代を節約できるかチェックしてみたいと思います。


タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。