タグ:DOPPELGANGER

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21:23:19
壊れたFD20のシートチューブ

2年ほど前に、シートポストを固定するシートチューブ(?)がポッキリ折れてしまった「DOPPELGANGER FD20」。乗ることができなくなってしまったためしまいこんでおりましたが、先日たまたま盛岡市内で自転車などのアルミ溶接を行ってくれるお店「オーテック」を発見!


メールで問い合せてみたところ、溶接費用は8千円と少しということだったので修理に持ち込み、それが本日戻ってまいりました。

溶接後はこんな感じ。

壊れたシートポストを溶接修理!

ちょっと費用をプラスして、補強板も付けてもらいました。がっちりくっついてます!


溶接箇所を後ろから

後ろからはこんな感じ。たっぷり盛ってあって頑丈そうです。



現在このFD20はハンドルなどを取り外したバラバラな状態なのでまだ試乗しておりません。とりあえず、溶接部の塗装が剥がれてしまった部分を塗装しないと。

修理費用は補強板を追加したので、1万3千円とちょっとでした。
もう少しお金を出せば新しい自転車が買えそうな額ですが、愛着がある物は修理してでも使い続けたいものですよね。今度は壊さないように大事に乗りたいと思います。

今回の修理でお世話になったお店はこちら!

岩手県盛岡市 街の溶接屋オーテック

修理の様子の記事も掲載されてました。


オーテックさんはお客さんの細かい要望に親身になって対応してくれるようですよ。
ちょっと壊れたからといって捨てちゃうのはもったいない! そんな時は一度相談してみてはいかがでしょうか?

それにしても、もう少し早くこのお店を知っていたら、新しい自転車(DOPPELGANGER 552)を買わなくても済んだかもしれないのになぁ。まぁ、とても気に入っているからいいけどw

スポンサーサイト
21:26:03

サポートに送ったFD20が昨日戻ってきました。

シートポスト固定箇所の破損切断部分

残念ながら保証対象外ということで発送時のまま戻ってきたFD20ですが、私の乗り方がまずかったのですからしょうがないですよね。

でも、以前乗っていた折り畳み自転車はもっと長いシートポストで、もっと長く伸ばした状態(4cmほどしかフレームに差し込んでいない状態)で乗っていたのに5年ほどもっていたんですよね。(BBが壊れたので廃車状態ですが・・・)

全く違う自転車でフレームの材質や形状の違いがあるでしょうから単純に比較はできないと思いますが、こんなに簡単に壊れるものなのかなぁと。

こんなことをここ数日考えておりましたが、戻ってきたFD20のパーツを眺めていていくつか気づいた点がありましたのでちょっとまとめてみました。


このエントリの続きを読む
20:26:52
20090611202649
サポート送りとなっていたFD20についての回答が本日やっと届きました。

修理もできないうえ、保証対象外でそのまま返送するとのこと。

シートポストの限界線以上に伸ばして乗っていたことがまずかったようです。
おそらく様々なカスタマイズを行なっていたのも問題だったのだと思います。

私にとっては最悪の回答…
肋骨にひび入れてまでパーツを戻したのに…

このような対応を承知のうえでカスタマイズしたわけですからしょうがないですが、想像以上にシートポストクランプ部分の剛性が低かったですね。
たまたま私のFD20がハズレで運が悪かったのでしたら良いのですが(良くもないのですが…)、アルミフレームって結構弱いのですね。
私と同じようにシートポストを伸ばして乗られている方は要注意ですよ!キシキシ音がし出したらヤバいです!


自転車がないと色々と辛いので、近いうちに新しい自転車を購入するつもりです。
おそらくDOPPELGANGERのFX系になると思いますがどうなることやら。

FD20もできれば治したいですね。とりあえず近所の自転車屋さんに相談してみようかな。
2009 06 07

FD20発送完了!

21:06:22
20090607210620
結局、なんちゃってアヘッド化したハンドルは元に戻せないので、ハンドルステムごと取り外す事にしました。

ステムは折り畳んだ際に見えるネジを緩めれば簡単に引っこ抜けます。
ブレーキワイヤーは簡単に外す事が出来ましたが、シフター(というのかな?)のワイヤーは外れそうもないので、ハンドルからシフターごと取り外し分離完了!

ハンドルを取り外したFD20を折り畳んでダンボール箱に梱包し、夕方、集荷に来た運送屋さんに引き取られて行きました。
修理となるのか交換となるのかわかりませんが、早く戻ってくるといいなあ。

案外、サポート対象外でそのまま戻って来たりして…
でもそれじゃあ困っちゃうよなあ。
23:10:10
20090607011008
フレームが壊れてしまったFD20は、明日メーカーのサポートに発送することになりました。
対応によっては修理ではなく交換になる可能性もあるようで、そのままもって行かれたらもったいないので、カスタマイズ交換していたペダルやBBを元の純正パーツに戻す作業を行いました。

右クランクを固定しているボルトがなかなか外れてくれず、スパナとクランクに体重をかけていたら、私の肋骨の方が先にピキっと鳴ってしまいました。ヒビでも入ったかな?

それでもなんとかクランクを外しBB、ペダルをそれぞれ元に戻しました。こちらはわりとすんなり取れてくれたので交換作業は楽なものでした。
まだ組上がっていませんが明日の午前中までには仕上げたいと思います。

残るハンドル部分はどうしよう…
なんちゃってアヘッド化でハンドルステムを切断してますので、元の状態には戻せないんですよね。
そのまま送るのが良いのでしょうが、交換されても困るしなあ。
23:15:37
シートポストの基部にヒビが入って割れてしまったFD20ですが、メーカーのサポートにメールしてみたところ、まだ1年経っていないという事もあり無償修理・交換してもらえそうです。

が、私のFD20はシートポストを交換したりBB交換したり、なんちゃってアヘッド化してるんですよね…
大丈夫かなぁ…

今日その旨を返信したのでその回答待ちです。

良い返事が来ると良いなあ…
22:42:42
20090527224240
ヒビが入っていたFD20のフレームが、今日の仕事の帰りに完全に割れてしまいました。

シートポストを引っ張ると、シートポストクランプごとスポッと抜けてしまう状態です。

今日のところはなんとか無事に帰ってきましたが、明日の出勤はどうしよう?

徒歩かな…
22:45:21

毎日通勤などで使用している自転車、DOPPELGANGER FD20のフレームに亀裂が入ってしまいました!

FD20のフレーム、シートポスト取付部分の亀裂

今朝、マッドガードを取り外している時に発見!ショックです・・・

シートポストに記載されている"MIN INSERT"のレベル以上に伸ばした状態で乗っていたため、この部分に負荷がかかりすぎたのだと思われます。


今後は次のいずれかの対応をする予定。

  1. メーカーにフレームのみの販売を行っていないか問い合わせ。
  2. 溶接してくれる業者がないか調査。
  3. 上の2つのいずれかの修理が不可能な場合、買い替え。

まだ乗り始めて1年も経っていませんし愛着もありますから、買い替えは避けたいなぁ。

現在は、亀裂の入っていない後ろ側、1/3位の部分だけで繋がっている状態。

しっかりとシートポストを奥まで差し込めば折れることは無さそうですので、しばらくは立ち漕ぎメインで負荷をかけずに乗りたいと思います。

シートポストの記載を守って固定していればこんなことにはならなかったのに・・・。大失敗です・・・。

私と同じようにシートポストを伸ばしぎみで乗られている方はご注意ください!

23:19:23

DOPPELGANGER FD20に自作の唐草ステッカーを貼りました。


デザインを考えていた時のイメージ通り。自分的には満足しています。

右側のフレーム部にはシフトチェンジの為のワイヤーとそのガイドが配置されているため、貼るのに少々苦労しましたが、なんとか綺麗に貼ることができました。

フロントフォークとフレーム中央部はどうしようかな?こうやって色々考えるのも楽しいです。

22:18:59

FD20のステッカーはこんな感じにしようと考えております。

あえて和風柄。唐草模様です。

かっこ悪!と感じるのはきっと気のせい。実際に貼ってみればかっこいいに違いありません!

フロントフォークにも唐草模様を入れるかどうかで迷っていますが、実際に貼りながら考えたいと思います。


ステッカーを作成するためのパスデータもほぼ完成していますが、疲れたので今日はここまで。近日中には新デザインの勇姿をお見せできそうです。

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。