花のペンダント製作 - 7:茎の部品の造形

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

コメント

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力
19:12:43
指輪作成用の木芯棒に銀粘土を巻きつけました

先日購入した銀粘土(PMC3)を使って、花のペンダントの茎の部分の作成に着手しました。

指輪作成時に使用する木芯棒に細長く延ばした銀粘土を巻きつけて乾かします。新しい粘土はのびが良くて整形しやすいですね。

太さが均一ではないような気もしますが、気にせず進めることにします。

完全に乾いたら適当な長さに切断して以前作った三日月ベースにくっつけるのですが、今日はここまで。

早く乾かないかなぁ。


「花のペンダント製作」過去のエントリ
このエントリにコメントする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

よろしければこちらもどうぞ:
このエントリのタグ:
タグ関連エントリ:
読み込み中...

コメント

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。