カタンと久~しぶりのドミニオン

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

コメント

Re: カタンと久~しぶりのドミニオン
私のハウスルールを採用していただき、とても嬉しいです!

と言ってもウチのカタンルールは「差が開くと逆転が難しい」のあたりはまだちゃんとクリアされてないんですよね(汗)
サイコロ運が悪くても最後まであきらめずに遊べるゲーム性にしたいのですが、なかなか難しいものです…。
いつか、やおきんさんの資源ゴミに負けないルールを考えたいですね(笑)

『ドミニオン』は食わずぐらいでまだ未プレイです。そのうちちゃんと遊んでみたいですね~。
ぐんま[2010/10/18 14:16:41]
Re: Re: カタンと久~しぶりのドミニオン
> ぐんまさん
もともとカタンは複数のプレイヤーが領土を取り合って足を引っ張り合うことでバランスを取っているようなところがありますから、
「差が開くと逆転が難しい」部分を解消するためのルールをシンプルに実装するのは難しいのかもしれませんね。私も色々考えているのですが良いアイデアが思いつきません…

ドミニオンも結構面白いですよ。
コンポーネントはつまらないですけどねw
あらかじめ構築したデッキで勝負する普通のトレーディングカードゲームは、プレイヤー同士が同じ条件じゃない気がして、それこそ私も食わず嫌いの未プレイなのですが、
ドミニオンは全プレイヤーが場にある共通のカードセットを使用しますし、デッキ構築部分からゲームになっているというのがとても斬新だなと感心しました。
カードのコンボが決まると癖になりますよ!
機会があったらぜひプレイしてみてください~♪
しなちく[2010/10/19 01:08:26]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力
20:17:44

今週も相方とボードゲームで遊びましたよ!


カタン

カタンの初期配置
カタンの初期配置

相方とのカタンの2人勝負。少し前のエントリで紹介したハウスルールに、ぐんまさんのハウスルールから初期配置する家(開拓地)を3つに増やしてプレイ開始!(オレンジが私、赤が相方。資源ゴミは無しです。)


スタート直後
スタート直後

サイコロ運が良かった相方が道を伸ばし家を建て領土を広げる中、盗賊に邪魔されて何もできない私…


中立プレイヤーに邪魔された~
中立プレイヤーに邪魔された~

せっかく道を伸ばすも、要所に中立プレイヤーの家(開拓地)を建てられてしまいました。


私も追い上げます
私も追い上げます

相方がもたもたしているうちに、ロンゲストロードを取ることに成功!


ゲーム終了!
ゲーム終了!

ラージェストアーミーも獲得し、最後は家(開拓地)を都市にして10点到達!私の逆転勝ち ~!!

私の初期配置では「木」と「土」が採れないので、序盤こそ出遅れてしまいましたが、鉄の2:1港が良い働きをしてくれました。


初期配置の家を3件とすることで、資源を獲得する確率が上昇、それに合わせてプレイテンポも上がりますね。プレイ時間も1時間かかりませんでしたし、相方との2人プレイ時のデフォルトルールになりそうですw


ドミニオン

久しぶりのドミニオン
久しぶりのドミニオン

次は少々地味で相方のウケが悪いという理由で、あまりプレイされていなかったドミニオンです。
相方とプレイするのは2回目かな。久しぶりということでルールを思い出しながらプレイ開始です。


村→議事堂→議事堂の8枚ドロー
村→議事堂→議事堂の8枚ドロー

相方の村→議事堂→議事堂の8枚ドロー強力コンボ。こんな風にカードが続くと楽しいですよね。


2、3回プレイして慣れてきたので、他のカードセットでプレイすることに。

「chapel gardens」というカードセット
「chapel gardens」というカードセット

礼拝堂、地下貯蔵庫、木こり、工房、祝宴、庭園、玉座の間、研究所、祝祭、冒険者の10種類、「chapel gardens(礼拝堂/庭)」というカードセットです。このカードでのプレイが面白かった。


手持ちのデッキを圧縮! width=
山札を圧縮!

「礼拝堂」の効果、「手札から最大4枚までのカードを廃棄する。」を使用してのデッキ圧縮で、毎ラウンド属州(6点)を獲得!


ゲーム終了時のデッキ
ゲーム終了時のデッキ

ゲーム終了時のデッキ内容はこちら。8枚中、5枚の属州(6点)カードを獲得した私の圧勝かと思いきや、逆にカード枚数を増やして「庭園」の効果「山札のカード10枚につき勝利点1点を得る。」でボーナスを獲得していた相方と、30対30の同点でした!


初めてだったもので、デッキ圧縮に少々手間取ってしまいましたが、そこまで持って行く過程が面白かった!

カードセットの組み合わせによって、ゲーム展開が大分変化しますね!分かってはいたつもりでしたが、久しぶりのプレイでその面白さを再認識しました。さすがゲーム賞3冠は伊達じゃないです。


いや~、ドミニオン面白い!早くまたプレイしたい~!!

このエントリにコメントする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

よろしければこちらもどうぞ:
このエントリのタグ:
タグ関連エントリ:
読み込み中...

コメント

Re: カタンと久~しぶりのドミニオン
私のハウスルールを採用していただき、とても嬉しいです!

と言ってもウチのカタンルールは「差が開くと逆転が難しい」のあたりはまだちゃんとクリアされてないんですよね(汗)
サイコロ運が悪くても最後まであきらめずに遊べるゲーム性にしたいのですが、なかなか難しいものです…。
いつか、やおきんさんの資源ゴミに負けないルールを考えたいですね(笑)

『ドミニオン』は食わずぐらいでまだ未プレイです。そのうちちゃんと遊んでみたいですね~。
ぐんま[2010/10/18 14:16:41]
Re: Re: カタンと久~しぶりのドミニオン
> ぐんまさん
もともとカタンは複数のプレイヤーが領土を取り合って足を引っ張り合うことでバランスを取っているようなところがありますから、
「差が開くと逆転が難しい」部分を解消するためのルールをシンプルに実装するのは難しいのかもしれませんね。私も色々考えているのですが良いアイデアが思いつきません…

ドミニオンも結構面白いですよ。
コンポーネントはつまらないですけどねw
あらかじめ構築したデッキで勝負する普通のトレーディングカードゲームは、プレイヤー同士が同じ条件じゃない気がして、それこそ私も食わず嫌いの未プレイなのですが、
ドミニオンは全プレイヤーが場にある共通のカードセットを使用しますし、デッキ構築部分からゲームになっているというのがとても斬新だなと感心しました。
カードのコンボが決まると癖になりますよ!
機会があったらぜひプレイしてみてください~♪
しなちく[2010/10/19 01:08:26]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。