豚小屋(Saustall)のソリティアをプレイしてみましたよ!

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

コメント

Re: 豚小屋(Saustall)のソリティアをプレイしてみましたよ!
豚小屋ソリティアの紹介記事ありがとうございます!
早速プレイしていただいたようで嬉しいです。

手順をシンプルにしようとすると、どうしても運要素が高くなるので、拘束タイルのタイミングとおぼろげに相手の出方を予想できるようにしてみたのですが、やはり推理要素はもう少し持たせたいところですね。

仰るとおり、拘束タイルは2枚あった方が戦略としては幅が広くなるので、これを標準ルールとして、初級:2人用、中級:3人用、上級:4人用としても面白いかもしれません。

この記事を見て、私も『豚小屋』を引っ張り出して、もう少しやりこんでみたくなりました。やはり雰囲気のある推理ゲームは良いですね!
ぐんま[2011/07/20 01:30:26]
Re: Re: 豚小屋(Saustall)のソリティアをプレイしてみましたよ!
> ぐんまさん
こちらこそ、素晴らしいソリティアルールを考案いただきありがとうございます。
テンポよくプレイできるので、リプレイが容易なのが良いですね!
実はこの後もう一度プレイしちゃったのでした。
やっぱり負けましたけど…

次回こそは勝利したいですね~!
(拘束タイル2枚で)
しなちく[2011/07/20 22:07:14]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力
21:52:35
豚小屋ソリティアをプレイ!

豚小屋」仲間のぐんまさんがブログで一人用のハウスルールを公開してくれましたので、実際にプレイしてみました。


ルールの詳細についてはこちらのぐんまさんのブログ記事をご確認ください。

ぐんまのつれづれ 豚小屋(saustall)1人用ハウスルール
アグリコラ、ル・アーブル、サンダーストーン、K2……。
最近の流行(なんですかね?)に乗って、『豚小屋(saustall)』でも1人で遊べるルールを作ってみました。

ちょっと長めなので詳細は続きをどうぞ!


豚小屋ソリティアのセットアップ

右上の方に置いてある3つの証拠品は仮想プレイヤーのものです。私に配られた証拠品は「十字架のネックレス」。とりあえず最初の推理は女性2人と性別「女性」としました。拘束タイル1枚の通常レベルでゲームスタート!


ローデンバッハーで証拠品を確認!

幸先良く手札にローデンバッハーが来ていたので、研究所の証拠品を確認。
「鍵」でした。


1ラウンド終了
1ラウンド終了!

まずは無難に推理タイルのラックから「神父」を捨てました。


2ラウンド終了
2ラウンド終了!

2ラウンド目では自分の推理の中に入れている画家の女性を、アリバイに疑いのある状況にすることができました。順調順調…。推理タイルは「事故」を捨てました。


3ラウンド終了
3ラウンド終了!

3ラウンド目ではローデンバッハーで「捜査会議」を行い、仮想プレイヤーの証拠品を1つ確認(写真右上)。これはピアスかな?このラウンドは2枚の推理タイルを捨てなければなりません。ピアス(?)の持ち主である「女主人」と性別「男性」を捨てました。


4ラウンド終了
4ラウンド終了!

このラウンドでは仮想プレイヤーの「アクション」を拘束タイルで奪い、「研究所」の証拠品タイルを確認。 「カフスボタン」か、ふむふむ…。
もうこの辺りで犯人は「女性」に絞っていたので、男性2人の推理タイルを捨てました。


5ラウンド終了
5ラウンド終了!

5ラウンド目でやっと最初に研究所で確認した証拠品「鍵」の容疑者の無罪を確定。これで心置きなく「ソーセージ職人」を捨てられました。


6ラウンド終了
6ラウンド終了!

アクション「捜査会議」で仮想プレイヤーの証拠品を確認すると「手帳(?)」! 推理の中に入れていた2人の容疑者のうちの1人のものだったので、残るもう一人、ライターの持ち主の容疑者「家政婦」1点に絞ることにしました。


7ラウンド終了
7ラウンド終了!

ぐはっ!これは痛い!4ラウンド目で研究所で確認したカフスボタンの持ち主「市長」が疑いのある容疑者になってしまいました!これ以上「研究所」を利用するのは自分の首を締めることになるので、アクションは「礼拝堂」を使用。(チットを置くのを忘れてました)


8ラウンド終了
8ラウンド終了!

最終ラウンドを待たずして全ての容疑者のアリバイなどが確定。私の推理した容疑者もなんとかアリバイの疑いのある状況に。


最終9ラウンド終了
最終9ラウンド終了!

失態タイルを捨てるなどしてゲーム終了!
私の最終的な推理は、犯人「家政婦」、動機「妬み」、性別「女性」です。


研究所は2回しか利用していないので、証拠品の山の上の2枚の中に私の推理した女性の証拠品「ライター」が入っていれば勝利です。

ではめくっていきますよ。この瞬間がドキドキするんですよね~。

1枚目!

1枚目!…「口紅」!

「口紅」!
惜しい~!女性は女性でもこっちだったかー。でもまだもう一枚ありますよ。



では、いよいよ2枚目!

2枚目!…「パイプ」!!

「パイプ」!!
うわー、外しちゃった~


結局、カフスボタンの「市長」が犯人でした

結局、カフスボタンの「市長」が犯人でした。無念…

ということは…



ライターはここか~

「ライター」はここか~!


うーむ、ソリティアでありながら、相方の時と同じような負け方。完敗です…

最初の推理の「女性」2人にこだわり過ぎたのが敗因でしょうか。中盤、「捜査会議」のアクションが仮想プレイヤーに埋められたのが痛かったですね。


初のソリティアプレイでしたが、手順は2人プレイの時とほとんど変わらず、仮想プレイヤーの処理もシンプルなのでサクサク進みます。他プレイヤーの動向を読む部分はスポイルされていますが、容疑者タイルの並びなどから盤面の動向を推理するのがなかなか面白いですし、拘束タイルの使用するタイミングがとても重要になっているように思います。

どうしても運の要素が高くなりがちですので、初期手持ちの拘束タイル2枚の初級レベルでプレイすると勝率が上がりそうですね。今度試してみよう。


なかなか対戦する機会を持てない私にはとても嬉しいソリティアルールを考案してくれたぐんまさんには感謝です!

「豚小屋」をお持ちの方はぜひ一度お試しください。2人プレイ同様面白いですよ~!
もう一度、ルール詳細を掲載したブログ記事をご紹介しておきますね。

ぐんまのつれづれ 豚小屋(saustall)1人用ハウスルール
アグリコラ、ル・アーブル、サンダーストーン、K2……。
最近の流行(なんですかね?)に乗って、『豚小屋(saustall)』でも1人で遊べるルールを作ってみました。

なお、このぐんまさん作成のソリティアルールについては、以前作成した日本語説明書とフォーマットを合わせたものをPDF作成、公開しておりますので、こちらも合わせてご利用ください。


このエントリにコメントする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

よろしければこちらもどうぞ:
このエントリのタグ:
タグ関連エントリ:
読み込み中...

コメント

Re: 豚小屋(Saustall)のソリティアをプレイしてみましたよ!
豚小屋ソリティアの紹介記事ありがとうございます!
早速プレイしていただいたようで嬉しいです。

手順をシンプルにしようとすると、どうしても運要素が高くなるので、拘束タイルのタイミングとおぼろげに相手の出方を予想できるようにしてみたのですが、やはり推理要素はもう少し持たせたいところですね。

仰るとおり、拘束タイルは2枚あった方が戦略としては幅が広くなるので、これを標準ルールとして、初級:2人用、中級:3人用、上級:4人用としても面白いかもしれません。

この記事を見て、私も『豚小屋』を引っ張り出して、もう少しやりこんでみたくなりました。やはり雰囲気のある推理ゲームは良いですね!
ぐんま[2011/07/20 01:30:26]
Re: Re: 豚小屋(Saustall)のソリティアをプレイしてみましたよ!
> ぐんまさん
こちらこそ、素晴らしいソリティアルールを考案いただきありがとうございます。
テンポよくプレイできるので、リプレイが容易なのが良いですね!
実はこの後もう一度プレイしちゃったのでした。
やっぱり負けましたけど…

次回こそは勝利したいですね~!
(拘束タイル2枚で)
しなちく[2011/07/20 22:07:14]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。