2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!

--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

コメント

Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
こんばんは~。
猫ポーンマークかわいいですね!

黒いテーマの「カンタベリーへの道」が大賞とは予想できなかったです!(予想してないけど)
プエルトリコとファミリー賞以外は未プレイばかりですが、しなちくさんが選んだだけあって、どれもデザインやイラストが綺麗で見栄えがしますね。

メルカトルは……と思ったけど去年分だったですね。
祈り、働けも出てしまいましたし、本当に不遇なゲームですw

自分も年間大賞決めたいけど、今年は全然プレイしてないので無理ですかねぇ。
子どもと遊んだゲームがそのまま大賞になってしまいそうです。
ぐんま[2012/12/13 23:34:32]
Re: Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
> ぐんまさん
私はどうも派手な見た目や、沢山のコマに弱いようですw
そんな中、カンタベリーへの道はコンポーネントも素晴らしかったのですが、少々不謹慎とも思えるテーマの
インパクトが凄くて、見事受賞となりました。
こんなゲームがあるのかとw

皆さんがどのようなゲームが好きなのかとても興味があるので、ぐんまさんも余裕がありましたらぜひご紹介ください!
しなちく[2012/12/14 20:47:28]
Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
カードゲーム大賞が2つあるんですけど(汗
とおりすがり[2013/01/08 16:46:09]
Re: Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
> とおりすがりさん
ほんとだ!
修正いたしました。
ご指摘ありがとうございました。
しなちく[2013/01/09 21:34:29]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力
21:52:58
しなちく年間ゲーム大賞2012を発表しちゃいます!

巷では10月にドイツで開催されたエッセンシュピールで発表された新作の話題で持ちきりで、すっかり時期を逃した感がありますが、今年も私がこの1年で購入したゲームの中から、お気に入りのゲームを発表したいと思います。


選定対象は昨年の12月頃から今年の10月頃までに私が購入したゲームになります。ですのでこの1年間に発売されたタイトルだけというわけではなく随分前に発売されたタイトルも混じっております。

なお、昨年は、

  • しなちく年間ゲーム大賞

  • しなちくエキスパートゲーム大賞

  • しなちくカードゲーム大賞

の3つの部門だけでしたが今年は、

  • しなちく年間ゲーム大賞
  • しなちくエキスパートゲーム大賞
  • しなちくファミリー・パーティゲーム大賞
  • しなちくカードゲーム大賞
  • しなちく2人用ゲーム大賞

の5部門にパワーアップ!
好きなゲームがたくさんありすぎて絞りきれなかっただけだったりするのですが…

では、早速発表に行きましょう!


まずは、単純に私が個人的に特に気に入ったゲームをピックアップ! 悩みに悩んだこちら。

しなちく年間ゲーム大賞 2012:「カンタベリーへの道」

カンタベリーへの道のプレイ風景

巡礼者を7つの大罪で誘惑しておきながら、その罪を赦す免罪符を売りつけて稼いだお金を競う、変わったテーマのこのゲーム。当ブログで未紹介ですが、こういったシステムのゲームが初めてだったのと、ステキコンポーネントが選考の決め手となりました!


ルールもそれほど難しくないですし、プレイ時間も1時間ほどと気軽に遊べるのも良かったです。
日本語化も自分自身大満足の出来! 素晴らしい!w(自画自賛)


次点はこちら。

カール大帝
カール大帝のプレイ風景

ブログでの紹介記事を拝見して一目惚れしたゲーム。
手番順や領地の獲得に悩みどころもありつつ、コマ補充のダイス運も加わって良い感じです。
コマがいっぱいで嬉しい。ジャラジャラ♪


ディスクワールド
ディスクワールドのプレイ風景

キャラクターごとにゲームの終了条件が異なる、正体隠匿系ゲーム。
こちらもルールが簡単で楽しいゲームでした。
2人より3~4人が面白いんですよね。また遊びたいなぁ。



続いて、少々重めなゲーマー寄りなタイトルから。この部門もとっても選考に悩みました。

しなちくエキスパートゲーム大賞 2012:「トゥルネー」

トゥルネーのプレイ風景

昨年のトロワに続き今年はトゥルネーです。
カードに描かれるカード効果を表すアイコン表記(トロワ語)は相変わらず難解ですが、それを乗り越えればさまざまな戦術など深みのあるゲームを楽しむことができると思います。


重めのゲームの中でもプレイ時間が短めでプレイ機会が多かったのも選考の決め手です。


悩みに悩んだ、次点はこちら。

プエルトリコ 10周年記念版
プエルトリコのプレイ風景

ボードゲームに興味のある方なら知らない人はいないのではないでしょうか?
相方が楽しそうに相手をしてくれるので、重宝しているタイトルです。セットアップがもう少し楽だったらなぁ。


祈り、働け
祈り、働けのプレイ風景

面白いんですけどね。ちょっとプレイ時間長すぎです。相方とだと3時間くらいかかっちゃいますw



お次は、家族や大人数で集まった時などに気軽に遊べるゲームの中から。日本のメーカーのタイトルばかりがエントリーですよ!

しなちくファミリー・パーティゲーム大賞 2012:「マイス」

マイスのプレイ風景

ルールも簡単でカワイイコンポーネント。もうこれで決まりです。
ゲーム会に持ち込んで大人数で遊んだ時は、運ゲーで片付けられてしまいましたが、2~4人くらいであれば、カード分配などでなかなか面白い駆け引きのある、初心者の方も楽しめる良いゲームだと思います。


次点はこちら~♪

街コロ
街コロのプレイ風景

ダイス運が強めですが、その分とってもわかりやすいルールで、ボードゲーム初めての方でも楽しめる良いゲームだと思います。

カードのイラストも綺麗ですし、自分の街がどんどん大きくなっていくのは単純に楽しいです。


さるやま
さるやまのプレイ風景

ペンギンパーティというカードゲームのリメイクらしいのですが、六角形のカードに描かれた猿の絵が「さるやま」のタイトルにとてもマッチしていますね。
インストも楽なので、初めて遊ぶ方もすぐに楽しめる良いゲームだと思いました。


この部門は、次点の選定で悩みましたね。他にも「エセ芸術家ニューヨークへ行く」や「ごきぶりポーカー ロイヤル」、「卑怯なコウモリ」など、楽しいゲームがいっぱいでした。


次は、上の部門ともかぶるのですが、カードだけを使ったゲームの中から。

しなちくカードゲーム大賞 2012:「エクィリブリオン」

エクィリブリオンのプレイ風景

昨年のカードゲーム大賞の「オニリム」に続いて、続編となる夢をテーマとしたこちらのタイトルに決定。最初はなかなか勝利できませんでしたが、根気よくプレイし続け勝てるようになってきたら面白くなってきました。私のようなロンリーボードゲーマーにはとてもありがたいタイトルですw


実は最初はそれほどでもないかなと思ったのですが、今回この記事を書くにあたり再プレイしてみたところ面白かったというw


次点はこちら!

新世界
新世界のプレイ風景

カードのイラストがとても綺麗なカードゲーム。
配られた手札を交易で交換してカードセットを作ることで、カラベル船を入手するなど発展させたり、ダブロンを獲得し勝利を目指します。
あまり遊べてないので機会を作ってもっとプレイしたいです。


ダンジョンレイダース
ダンジョンレイダースのプレイ風景

時にはプレイヤー同士協力し合いながら、ダンジョンの中のモンスターを倒し、お宝を集めます。
そのちょっと変わったルールや、カードの絵柄の雰囲気がお気に入りです。


今年はカードゲームの購入数が多くて選定が大変でした。


最後は、相方との2人対戦タイトルから選ぶこちら!

しなちく2人用ゲーム大賞:「バジリカ」

バジリカのプレイ風景

カラフルなタイルが鮮やかなバジリカ聖堂の建設を競う陣取りゲーム。プレイ時間は1時間弱ですが、さまざまなタイル効果の選択などにけっこう頭使います。
相方が強くて、よく相手してくれたのでこれに決定ですw



ターギ
ターギのプレイ風景

砂漠の民の長となり、ナツメヤシ、塩、胡椒などの商品を交易して勝利点を競い合います。
ドイツのアラカルトカードゲーム賞2012に選ばれただけあって面白いのですが、後半相方がだれ気味になるので次点止まりとしました。


アダムとイヴ
アダムとイヴのプレイ風景

そのコンポーネント、アートワークがとってもお気に入り。ガラス玉がとっても綺麗です。
でも、相方との相性(得点)はあまりよくなかったりしますw
久しぶりにまた遊んでみようっと。




以上、6つのカテゴリーごとに紹介いたしました~!
面白い・好きかどうかは遊ぶ人・相手次第。参考程度に見ていただければと思います。


面白いボードゲームがいっぱい!

今年購入したゲームのラインナップから見ると、私自身は軽めのゲームにシフトしてきているようなのですが、今欲しいゲームは重めのゲームばかりだったり。

これからの1年、どんなゲームが私を楽しませてくれるのか、今からわくわくします!!


このエントリにコメントする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  
  •   

よろしければこちらもどうぞ:
このエントリのタグ:
タグ関連エントリ:
読み込み中...

コメント

Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
こんばんは~。
猫ポーンマークかわいいですね!

黒いテーマの「カンタベリーへの道」が大賞とは予想できなかったです!(予想してないけど)
プエルトリコとファミリー賞以外は未プレイばかりですが、しなちくさんが選んだだけあって、どれもデザインやイラストが綺麗で見栄えがしますね。

メルカトルは……と思ったけど去年分だったですね。
祈り、働けも出てしまいましたし、本当に不遇なゲームですw

自分も年間大賞決めたいけど、今年は全然プレイしてないので無理ですかねぇ。
子どもと遊んだゲームがそのまま大賞になってしまいそうです。
ぐんま[2012/12/13 23:34:32]
Re: Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
> ぐんまさん
私はどうも派手な見た目や、沢山のコマに弱いようですw
そんな中、カンタベリーへの道はコンポーネントも素晴らしかったのですが、少々不謹慎とも思えるテーマの
インパクトが凄くて、見事受賞となりました。
こんなゲームがあるのかとw

皆さんがどのようなゲームが好きなのかとても興味があるので、ぐんまさんも余裕がありましたらぜひご紹介ください!
しなちく[2012/12/14 20:47:28]
Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
カードゲーム大賞が2つあるんですけど(汗
とおりすがり[2013/01/08 16:46:09]
Re: Re:2012年 しなちく年間ゲーム大賞発表!
> とおりすがりさん
ほんとだ!
修正いたしました。
ご指摘ありがとうございました。
しなちく[2013/01/09 21:34:29]

コメントの投稿

  • コメント大歓迎です!お気軽にコメントください!
  • コメントの掲載は管理者の承認制となっております。掲載まで少々お時間をいただくことがございますがご了承ください。
  • 質問いただいた内容には基本的にはこのコメント欄で回答させていただきます。メールアドレスを入力されてもメールでは回答しませんのでご了承ください。
必須入力
必須入力

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。